高価買取ガイド・トップページ > 古本を売るタイミング
古本を売るタイミング

古本の高価買取を狙うなら、古本を売るタイミングも重要です。世間の人が欲しい本というのは、みんなが今読みたいと思う人気の本です。人気のある本は、新書を買うよりは少し割安な古本のほうがお得だからという消費者の心理により一気に需要が高まり買取価格もアップします。発売日に近ければ近いほど買取価格は高くなり、発売日から時間が経つと買取価格はどんどん下ってしまいます。時間が経過すると古本で売られる数も多くなるので簡単に手に入るようになり、また既に読み終わってしまったという人も増えてくるからです。

話題のある書籍をいち早く読んで売りたいなら、発売日に購入して読み終えたらすぐに売ることが大切です。

また、本の種類を問わず買取によいタイミングがあるので覚えておきましょう。一般的に大掃除などで部屋を片付けて不要な古本が出る12月や、進学や就職などで引越しをする際に古本をまとめて売りたいと思う3月は特に買取依頼が殺到するようです。同じような書籍が古本買取店に集まるので、お店側でも入荷を少し抑えようとして買取価格を下げる傾向にあります。逆に、本が濡れてしまうので持ち運びに不便な6月、9月など雨の多い季節や、運搬がつらい7、8月の暑い季節や1、2月の寒い季節などは買取依頼が少なくなると言われています。したがって、古本買取店では古本の在庫が少なくなりもっと在庫を増やしたいという心理が働き、買取価格がアップする傾向にあるので皆があまり買取依頼しない時期が狙い目です。

またコミックなどは例えばテレビでドラマ化されたりアニメとして放送が始まる場合や、映画化された場合などは原作のコミックを読みたいという人も増えます。コミックを売るタイミングを逃さないためにも、テレビの新番組や映画情報などをチェックすることも大切です。

関連エントリー
Copyright © 2010 古本の処分はちょっと待った!古本の高価買取ナビ . All rights reserved