古本買取店に売る

不要になった古本があるなら、近所の古本買取店に持ち込んで買い取ってもらうのも一つの方法です。古本買取店には全国展開している大手のチェーン店もあれば、個人経営してる古本店もあります。大手チェーンの古本買取店は、手軽に利用できるし持ち込めばその場で査定して現金化してもらえるのでとてもスピーディーです。しかし一部例外はありますが、査定額はあまり期待できないのが現状で安いと10円から、高くても300円から500円程度にしかならないようです。

査定の際に査定する人間の主観が入って査定額にばらつきがでないよう、大手チェーンの古本買取店では査定マニュアルに基づき査定が行われています。だから本そのものの価値はあまり考慮されず、中がキレイかどうかという本の状態やマニュアルのリストに載っているタイトルや作家名、ジャンルなど大まかな査定基準で手早く値段を決めている場合がほとんどです。新書として定価が高い本でも意外と安かったり、人気があるかどうかも関係ないようです。大手チェーンの古本買取店によっては査定額の基準が少し異なるので、査定価格に若干の差があります。

一方、個人経営の古本店では大手のように流れ作業的に古本を査定するのではなく、店主がじっくり中身やジャンルを吟味して査定することが多いようです。専門書など価値が高い古本なら意外と高値がつくなんてこともありますが、設備費など店を維持していくための費用がかかっているため基本的にはあまり高額な買取は見込めないのが現状です。

関連エントリー
Copyright © 2010 古本の処分はちょっと待った!古本の高価買取ナビ . All rights reserved