高価買取ガイド・トップページ > あまり高く売れない古本とは?
あまり高く売れない古本とは?

買取の際にあまり高値で売れないジャンルの古本もあるので、チェックしておきましょう。まず皆が知っている有名作家の本や過去にベストセラーになった本や小説の文庫本などは、発売から間もない場合以外は市場に多く出回っているためあまり高値がつきません。

更に美術や文学などの全集、辞書などは新書として定価で購入すれば結構高いのに、需要が少ないため意外と買取価格が低い場合が多いようです。そしてコミックもセットで購入したいという人が多いため巻数がバラバラだと買い取り価格が下るし、人気が高い漫画などは古本として既に多く売られているので、買取価格もあまり期待できません。

また昔流行した美容法やダイエット法、ヘアースタイルやファッション関係の書籍、エッセイ集など芸能人が書いた本などの流行に左右される書籍は、流行が過ぎ去った後では欲しいという人も少ないため低い値段しかつきません。更に地図やガイドブック、受験の参考書なども毎年新しいものが発刊となるので、出版されてから年数が経っているとあまり高値はつきません。発刊から1年以上経過している経済本や法律・税務関係の書籍、資格取得のための書籍やゲーム関係の本も年々内容が変化していくので買取価格はあまり期待できません。

また少し汚れやキズ、書き込みがあったり、軽く日に焼けて変色しているなど本の状態があまりよくないとどんなに人気のある本でも査定額がダウンしてしまいます。本の状態については古本買取店によって扱いが異なるので、自分で判断しにくい場合は問い合わせてみるとよいでしょう。

関連エントリー
Copyright © 2010 古本の処分はちょっと待った!古本の高価買取ナビ . All rights reserved