高価買取ガイド・トップページ > 買取に適さない古本とは?
買取に適さない古本とは?

古本はどんなものでは買い取ってもらえるというわけではなく、買取に適さない古本もあるので確認しておきましょう。100円ショップの文庫本やコンビニ版のコミック、週刊誌や漫画雑誌などは値段がつかないので買取不可としている古本買取店が多いようです。更にネットオークションでは取引されている映画のパンフレットや車、通信販売などのカタログは、古本買取店では扱っていないので買取はできません。

また、市販されていない学校の教科書や参考書、通信講座のテキスト、個人で書き下ろした同人誌なども取扱いしていません。書店などで扱う書籍には、本の裏表紙に出版元などを数字で記したISBN番号という識別番号が表示してあるのが一般的なので、ISBN番号がない書籍は買取できないとしている古本買取店がほとんどです。そして、百科事典や図鑑などはあまり需要がないため買取不可となっている場合が多いようです。他にも、付録や付属品が紛失した状態の書籍や逆に付録や付属品の単体、児童ポルノ関係の書籍なども買取できない場合がほとんどです。

また本のジャンルに関係なく、売り物にならないくらい本の状態がかなり悪いと高値がつきそうなジャンルの書籍でも買取不可とされる場合があります。例えばひどく汚れていたり傷ついている本やページが破れたり紛失している本、シミや日焼け、水濡れの痕跡やタバコの臭いがひどい本、書き込みが多すぎる本などが当てはまります。更に、カバーや帯がなかったり蔵書印がある本なども買取できないとしているお店もあるので注意しましょう。

関連エントリー
Copyright © 2010 古本の処分はちょっと待った!古本の高価買取ナビ . All rights reserved