高価買取ガイド・トップページ > 高価買取を狙える古本とは?
高価買取を狙える古本とは?

様々な古本の中でも、比較的買取価格が高くなるものがあるので覚えておくとよいでしょう。まず一般的に高値がつきやすいのが、やはり最近発行された新書です。新書かどうかは、書籍の最後のページに記載されている発行年月日で確認できます。もし発行年の記載がない場合でも、書店で販売されている書籍についているISBN番号という本を識別する番号が13桁で9から始まるものなら割と発行年が最近なのでチェックしてみましょう。

発行年が新しい書籍では、IT関係や経済・法律関係の書籍、大学受験の赤本や受験参考書、問題集や資格・検定対策本などは需要が多いので特に高値がつく傾向にあります。そして発行部数が少ない本や既に絶版となってる書籍もなかなか手に入らないということで、高値がつくこともあります。

また、医学書や技術書、アートやデザイン関係の本など専門性の高い書籍も欲しい人がいるので高くなります。更に、古武術などのマイナーなスポーツや趣味、気功などの精神世界や宗教関係の書籍なども一般の書店ではあまり取り扱っていない場合が多いので高く買い取ってもらえる場合もあります。

また例外もありますが、あまり世間に広く知られていない作家の書籍や、最近直木賞などの文学賞を受賞した作家が過去に出版した本などもこれから話題となって需要が増える可能性があるので買取額が高くなるでしょう。他にも、サブカルチャー系の書籍やレシピ本や世界各国の名所ガイドブックなどの洋書も比較的高く売れるようです。

関連エントリー
Copyright © 2010 古本の処分はちょっと待った!古本の高価買取ナビ . All rights reserved