高価買取ガイド・トップページ > ネットオークションで売る
ネットオークションで売る

ネットオークションを利用するというのも、古本買取の一つの手段であります。ネットオークションは基本的に自分で好きなように価格を設定して出品し、落札されたら料金を受け取り発送するという流れで取引が行われます。写真を撮って説明文を考えて作成するなどの準備ができたら出品し、落札されたら相手と連絡をとって商品を梱包して発送するという作業を全て自分でこなさなければならないので少々手間がかかります。

また価格比較サイトなどを利用して自分で相場をリサーチして価格設定をしますが、必ず売れるという保証はありません。しかし欲しいという人がいれば古本買取店よりも高く売れたり、買取できないような書籍に値段がつくというメリットもあるので少しでもお金にしたいという人には最適です。

ネットオークションを利用するには、まずオークションサイトに登録する必要があります。オークションサイトといっても様々で、月額使用料や出品料、落札されたら代金の何割かを支払うシステムをとっているなど手数料がかかるサイトや出品は無料というサイトもあります。できるだけ必要経費を抑えて高価買取を目指したいので、手数料がかからないサイトを利用したほうがお得です。

またいくら手数料が安くても会員数や閲覧する人が少ないというサイトでは、いつまでたっても書籍が売れないなんてことになりかねません。サイトの会員数やアクセス件数などもリサーチして、より多くの人が閲覧してくれそうなサイトを選ぶことも大切です。

関連エントリー
Copyright © 2010 古本の処分はちょっと待った!古本の高価買取ナビ . All rights reserved